カードローンの利用で後悔しない!【金利の低いカードローンを選ぶ】

コンテンツ一覧

紙幣

大手とノンバンク

銀行カードローンの金利は、限度額の大きさによって異なります。上限が低いからいいと思っていたカードローンでも100万円の限度額金利は他行より高いこともあるので、上限ではなく自分の希望限度額で金利比較をすることです。

勉強する女の子

教育費用を考える

和歌山などの地方でも教育ローンを利用する人が増えてきています。銀行を利用することが一般的ですが、それぞれ金利も異なるのでよく比較して決めましょう。また、国の教育ローンというものもあります。少しでもお得なものを選ぶことが大事です。

硬貨

変動や固定がある

フラット35は35年もの期間をかけて、住宅ローンを返済することになります。そのため、その時の状況に応じて借り換えをすることができるのです。固定金利と変動金利があるので、その点も確認した上で無理なく返済できるものに借り換えをしてみましょう。

カード

増額してもらえる

カードローンは申込みをして契約した借入限度額が、ずっとそのままということはなく、希望があれば借入限度額の増額をしてもらうことができます。ただし、審査がありますので基準を満たせば限度額増額ができるようになります。

クレジットカード

利息が0円になるローン

カードローンの支払いで利息の支払い金額を抑えるなら無利息期間のあるローンを選ぶことです。一定期間金利が0円になるサービスであり、30日間であるローンが多いです。そのため初月の返済金額を抑えることができます。

低いローンの選び方

電卓と硬貨

上限で比較をする

カードローンでお金を借りたら利息を付けて返さなければならないです。同じ10万円を借りても返済の時に、支払金額がA社とB社では異なることがあります。何が違うのか、それは金利です。金利が違うので、元金の支払い金額は同じでも利息の支払い金額が異なるので返済する金額も違ってくるのです。返済をするのであれば、支払金額は安い方が当然いいです。支払金額を安くするためには、金利の低いカードローンを選ぶことです。では、どうすれば金利の低いカードローンを選ぶことができるのか、それはカードローン会社のホームページ等で商品概要を確認することです。商品概要ところに実質年率が掲載されています。実質年率4.5%〜18.0%といったように掲載されています。4.5%〜18.0%と幅広く掲載されていますが、4.5%の数値を見ると低いと感じます。ところが、実際にカードローンを申込みをすると多くの方が18.0%で契約となります。審査の結果、4.5%〜18.0%のどこかの金利に決まってしまうと思いますが、それは違うのです。金利は、限度額の大きさによって決まります。カードローン自体が初めての利用だといくら年収が高くても本当に返済をしてくれる人かどうか信用がまだないため少額の限度額からスタートさせます。低い限度額は最高金利が適用されるのです。信用が出てくれば限度額が増額できるようになり金利も低くしてくれます。カードローンを選ぶ際は上限金利を比較して少しでも低い商品を選びます。

Copyright© 2018 カードローンの利用で後悔しない!【金利の低いカードローンを選ぶ】 All Rights Reserved.